レイハワイ不動産のブログ
ハワイの不動産マーケット・投資・売買・一棟収益・リノベーション・賃貸・管理から移住・教育・生活・観光情報まで
<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 早速、食生活を健康志向に。。 | main | シェアハウスって、住むことだけが目的でないみたい >>
【ハワイ不動産購入ポイント】  ハワイの不動産マーケット、一体誰が買う?


ハワイ(ワイキキ、アラモアナ周辺)での不動産購入に関して、
これだけは抑えておきたいというポイントがあります。



資金に余裕があり、売却なんて考えていないというのであれば、
自分たちの好きな物件を購入すればよいですが、


将来売却も考えて購入されたい。という方には一体誰がハワイに物件を
購入するかということを考えておく必要があります。





ハワイ 不動産 購入


また好きな物件を購入した後、何が起こるかわかりません。

万が一物件を手放さなくてはならなくなった時、やはり売れやすい物件を
購入しておく必要があります。その為にも誰が主なターゲットかを
知っておく必要がございます。




不動産は一般的に流動性が低く、簡単に売って現金を得るというのは難しいと
されています。



ただし売れやすい物件、市場にて価値の高い、希少な物件を購入することで
売れ残るリスクは軽減できます。


特にハワイの場合は、間違いない物件を購入すると、まず売る値段を
高く設定しすぎない限り、短期間で売却することが可能です。





まず市場にて多く存在する購入層を知り、そのターゲット向けの
物件を購入する。と言う事が、売りたい時に売れる物件を購入する上で

非常に大切になってきます。



では、ハワイではどのような購入層が存在するのでしょうか?





日本人観光客が非常に多いハワイでは、別荘購入者も日本人が
多数占めていると思われるかも知れませんが、
実際にはアメリカ本土からの退職者が多くを占めています。


また、その他裕福な国、最近では中東の石油産出国、
為替が有利な国、または中国や韓国からの投資家さんの購入が
増えています。


特にアジアの富裕層の方が
個人用の別荘だけでなく、
大型案件にも投資を行っています。



地元ハワイに住まれている方は、なかなかワイキキやその周辺の高額な物件を
購入し住もうとは考えず、

例え同じような価格帯の不動産でも、郊外の学校区が良い住宅街などの物件を
購入される傾向があります。




★ ハワイは世界的にリゾートとしての地位が確保されており、
  さらに土地、物件が限られています。そこに世界中に景気の良い国の
  富裕層が物件を購入し続けます。

  日本人やローカルの方だけが好まれるような物件への投資は、
  避けた方が良いかもしれません。




それぞれの国の景気が悪くなり、その国の方が投資から撤退したとしても、
また別の景気の良い国の人々がハワイの物件を購入します。


そういうこともあり、ワイキキ内の不動産価格に大きな落ち込みはなく、
これまで10年単位で考えると、不動産の価格は確実に上昇しています。




不動産 ハワイ 購入



このような、不動産投資として考えると恵まれた環境のハワイ。


★ 日本人購入者に人気のワイキキバニアン、アイランドコロニー
  のような短期(1ヶ月以内)の賃貸が可能なコンドミニアムが、自分たちも利用でき、
  しかも流動性が良く、売却を考える方には
重要な選択肢となります。

  ただ西洋人などが好むポイント、日本人の方が求められる以外の要素も、
  資産価値の向上、物件売却を考えると、抑えておく
必要があります。




特に西洋人の方には大切なポイントがあります。
それに関しては、また説明させてもらいます_(._.)_



※当社は本投資の利益を保証致しません。ご自身のライフスタイルを優先し、
リスクのあることを認識し、自己の責任でご判断下さい。

Arry




 ブログランキングに参加しました!
   気の向いた時だけクリックしてください。_(._.)_。

   アリーの好きこそ不動産の上手なれ in ハワイ

 
 


COMMENT