レイハワイ不動産のブログ
ハワイの不動産マーケット・投資・売買・一棟収益・リノベーション・賃貸・管理から移住・教育・生活・観光情報まで
<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
アメリカ留学

Sオーナー様からのお便りの続きです。

前回までのお話しは、あるオーナー様からのお便りにて
紹介させて頂いていますので、お時間のある時にでも是非、
読んでみて下さい。






英会話で低空飛行を続けていた私に、
もってこいの話が舞い込みました。



地元の経営者で篤志家の方が、
各大学から
何人かの女子大生を無料で一年間アメリカに留学させて

くれるとゆうものでした。 



条件は、老人家庭に住み学校以外の何時間かを、
お手伝いにあてるとゆうものでした。



地元では知名度のある信頼できる企業です。
当時はのんびりしていて、
行きたいなら早い者勝ちだよ
といった感じでした。





もーこれに行くしかないと思った私は、
祖父母にいったらいいよと言ったくれたので、
その話を持ってきた英文科の人に、自分が行きたいとつげました。




「よ〜し、やるぞ〜!」と張り切っていたら、  
仲介してくれた学生が、何月何日に両親揃っての
面接があると言ってきました。





「エッ、エエー。」 親登場とは、まさかの展開で、
いっぺんにやる気が無くなりました。即行やめることにしました。



別の候補者:  「あなた、やめるんだって? どうして?」  
私:         「別にー。なんか行く気がなくなった。」

別の候補者:  「じゃあ、私が行ってもいいかしら?」
私:         「どうぞ。」



彼女は、両親ともに教師だったそうです。




以上、 最高学府に在学している人間の取る態度とは思えない
いじけた対応
をしておりました。私。




主催者に、 電話一本かけて
事情を説明すればよかっただけのことなのに。





当時の私は、    イ、   ク、   ジ、   ナ、   シ、          
いくじなしでした。










日々のライブ情報はフェイスブックページをご覧下さい。
FBにアカウントがなくてもご覧になれます。

ブログランキングに参加しています!
 気の向いた時だけクリックしてください。_(._.)_。

   アリーの好きこそ不動産の上手なれ in ハワイ
 


 
 


英会話


Sオーナー様からのお便りの続きです。

前回までのお話しは、あるオーナー様からのお便りにて
紹介させて頂いていますので、お時間のある時にでも是非、
読んでみて下さい。







私は、英会話が苦手です。
大学で英語を専攻したにもかかわらず。





その理由は、中学高校を通して、英語の先生が自発的に
英語を話されたことが無かったからだと思い
ます。




ただ一つの例外は他の先生が、次、と言うところを NEXT !  
と言う先生がおられました。あだ名は、ネクスト でした。





それが、大学に入ってまもなくの英会話の授業で、
先生が言ったのが、

「今から、
この中の紙切れに書いてあるテーマについて、英語で説明しろ。」
というものでした。






箱から取ったら、
すぐに説明しなくてはなりません。



私が引いた紙切れには、HUMOR  とありました。
まったく笑うどころではなく、イギリス人はユーモアが好き、
などとイギリス人の知人もいないのに、しどろもどろで話しました。
最悪でした。





ある日、先生が


「You are too shy !!!  今日から毎日ホリデイにすればいいだがや!  
  
ウッキー !!!」
と叫んで出て行ってしまいました。





残された哀れな子羊たちは、うなだれて
芝生の葉っぱをちぎっていました。


先生は雌牛のような人でした。




そんな私にも、
ある日、起死回生のチャンスが訪れます。








Arry




 ブログランキングに参加しました!
   気の向いた時だけクリックしてください。_(._.)_。

   アリーの好きこそ不動産の上手なれ in ハワイ  


 
 


6. 家賃で遊ぶ


Sオーナー様からのお便りの続きです。


もう暫くハワイに行っていないので、行けるようになったら
のんびり家賃のお金を使って遊んでみたいで
す。



アイランドコロニーのホテルプールに入っていた時は、
持ち出しの方が多かったような気がします。



おまけに、
経営陣が毎月二百万円もポケットにいれていたようで、
訴訟騒ぎになり、私にも法律用語満載の英文のレターがずっしりと
送られてきました
が、なめとんのかーと思いました。


銀行の方も日本人はおとなしいからと言っていました。
ああ、早くワイキキビーチでゴロゴロしたいです。





人それぞれ、当たり前ですが、人生も、投資の方法も
楽しみ方も違いますね。



前回までのお話しは、あるオーナー様からのお便りにて
紹介させて頂いていますので、お時間のある時にでも是非、
読んでみて下さい。





Arry





 ブログランキングに参加しました!
   気の向いた時だけクリックしてください。_(._.)_。

   アリーの好きこそ不動産の上手なれ in ハワイ  
 

 
 


5. 四千万円




Sオーナー様からのお便りの続きです。









四千万円で三つの不動産を購入しました。



1. 250坪の土地を2500万円で。



2.  59000ドルでコンドミニアムを。



3. 600万円で新築マンションの頭金に。





どげんかせんといかんと、とりあえず不動産に変えておきました。
マンションは84平米で2,400万円でした。現在コンドミニアム以外は撃沈。





コンドは長谷川工務店が新聞一面に
お好みのハワイをご用意します」と写真と値段入りの広告を載せたので、
ふーんと思って電話をしました。





東京在住の友人を誘って長谷工本社に説明を受けに行きました。
原野商法なら絶対自宅に来ますよね。説明ブースは全部うまっていました。





その後、すぐに一人でハワイに行きました。
ハワイ大学の日本語の先生がアシスタントでついてくれました。
アルバイトだと言っていました。その人がアイランドコロニーと
バニアンとフォーパドルを見せてく
れました。





次の日にもう一度アイランドコロニーを見せてもらって、
ここにすると言いました。







そのあと、白人の日本語がわからない担当者と三人で会いました。
なにか私に不安感を持っているような感じでしたが、南山大学なら心配ないなどと
ハワイ大学の先生が言ってくれて安心
したようでした。
大学の名前が役に立ったのは、
その時が最初で最後でした。





その後の数々のパートの履歴書には高卒と書いていましたから。
その時たぶん38才ぐらいだったと思います。見に行った時は一ドル160円で
お金を振り込んだ時には140円
になっていたのでラッキーでした。







不動産屋さんを信頼しています。
なぜなら自分がアパートの空室が三部屋あった場合、
相手がどんな人であれ一番良い部屋を見せるからです。
早い者勝ちの世界なのです。


東京あたりの不動産屋さんになるとちょっとわかりませんが。





Sオーナー








前回までのお話しは、あるオーナー様からのお便りにて
紹介させて頂いていますので、お時間のある時にでも是非、
読んでみて下さい。






Arry








 ブログランキングに参加しました!
  気の向いた時だけクリックしてください。_(._.)_。


アリーの好きこそ不動産の上手なれ in ハワイ
 
 


4. 母の病気で一文無しに


Sオーナー様からのお便りの続きです。





祖父母は引き揚げ後生活の為に敷地内に鶏小屋を
立てて養鶏を始め
ました。ヤギもいました。
私達はヤギの乳を飲んでいました。



そんな頃母が植物人間になってしまいました。
五年前に家を建てたばかりだったし、
保険制度も完備されてなくて、
二年弱の入院生活で一文無しになったそうです。



そこで考えた一発逆転法




近くの町で工場の女子寮を壊すことになったけど、
バラして組み立てれば再利用できるとゆう話をどこかから
聞いてき
た祖母はやってみたいと思ったそうです。


だけど、
金が無いそんな時たまたま食堂で前に座った青年が
銀行員と分かり
アパートを建てたいが、金を貸してくれるか聞いたところ、
アパートなら貸しますよと言ってくれたそうです。



その頃町内にアパートはまだ一軒もなく、完成前に全て予約で
いっぱいになったそうです。
建てた場所は家の敷地内の畑の場所で
私が十歳の時です。
その年の冬に父が亡くなりました。


鶏小屋も二世帯の借家に改造しました。
自宅の四畳半にも越境入学の高校生と中学生の姉妹を
下宿させまし
た。


アパートの大学生達に朝食と夕食を提供し始めました。
他の下宿人達も我が家に食べにきました。
それでしこたま儲けたようです。



祖母は上海の租界で暮らしていた時には、あまとゆう
お手伝いさんが二人もいたそうですが、
そんな時にもユダヤ人コミュニティに
暮らす人達の倹約ぶりとお金
儲けのセンスには舌を巻いたそうです。
修繕費を浮かせるために大抵のことは自分達でやっていました。



そして、祖父が亡くなり祖母も弱ってくるとその仕事は私に廻ってきました
元旦に手がペンキだらけの時もありました。そして、
大抵ぶーたれていました。



よしきた   親分   ガッテン承知の助だ  

といってあげればよかったのにと今になって思います。
高校の時、
演劇部で大道具だったし。


言い遅れましたが、アパートは六畳一間、ガス水道付き、
風呂なし、トイレは共同とゆう物件です。
それが二十部屋で家賃は約四千円ぐらいで
スタートしたと思います



ここまで書いたら疲れたので、四千万円の使いみちについては、
又今度書きます。


Sオーナー





前回までのお話しは、あるオーナー様からのお便りにて
紹介させて頂いていますので、お時間のある時にでも是非、
読んでみて下さい。



Arry






 ブログランキングに参加しました!
   気の向いた時だけクリックしてください。_(._.)_。

   アリーの好きこそ不動産の上手なれ in ハワイ  
 

 
 


3. わらしべ長者


Sオーナー様からのお便りの続きです。





祖父は写真と生け花と書道が趣味の穏やかな
人でしたが、祖母は竹を割ったような性格で人に頼まれごとを
されて、まず断ったことはなかったと思います。




親類がお金が必要になり、土地を買って欲しいと言ってきた時には、
言い値より高く
買いました。



知人の知り合いが、板金屋をしたいので、
五年間だけ土地を貸して欲しいと頼んできた時には、
五年では仕事が安定するのは、
短いから十年貸してやると言いました。


それも、固定資産税だけ払ってくれれば
いいとゆう口約束だけで。


実際、固定資産税の請求書だけを送っていました。
そして十年後、商売がうまく行って
客が大勢ついたので、
土地を返したくない
と言ってきました。


借地権があるので本当は
相場より安いはずだけど、
おばあさんには
恩があるので相場で買いたいと。


その時 祖母はもう寝たきりになっていたので
もめたくなかった事もあり 受け入れました。




そして、金庫にキャッシュで四千万円。




Sオーナー








前回までのお話しは、あるオーナー様からのお便りにて
紹介させて頂いていますので、お時間のある時にでも是非、
読んでみて下さい。



Arry




 ブログランキングに参加しました!
   気の向いた時だけクリックしてください。_(._.)_。

   アリーの好きこそ不動産の上手なれ in ハワイ  

 
 


2.  盆踊り

Sオーナー様からのお便りの続きです。



明治生まれで私と弟を大学まで行かせてくれた祖母は、
幼い頃 唐天竺は広いらしいから狭い日本におっても面白くない  
とゆうような話を聞いて育ったそうです。



そして、
十七歳の時にたまたま上海に駐在する人との縁談に飛びつき
敗戦で
日本に帰って来るまで、上海の日本人租界で暮らしました。
母は租界生まれの租界育ちです。



母も叔母も東京の大学生活を上海から離れて、寮で送りました。



発病後 意識が戻っても知能指数が幼稚園並みになってしまった母を
祖母は盆踊りの時に家から椅子を持ってゆき、
一番前に座らせていました。
母は小学校の時に日本舞踊を習っていたので。



海外生活を経験している祖父母は人目を気にすることなく、
常に堂々たる態度をとっておりました。 おかげで、私達きょうだいも
のびのび育つことができました。




友人や親類にも海外で子育てした人がおりますが、
もう学校へ行かないと言う時期はあったようです。
どっしり構えていたようですよ。



余談ですが、私も三十代から大家さんと呼ばれてきたんですよ。
ピンキリのキリの大家ですけどね。




Sオーナー





Sオーナー、何故ハワイに物件を持たれるようになったのか、
気になります。



前回までのお話しは、あるオーナー様からのお便りにて
紹介させて頂いていますので、お時間のある時にでも是非、
読んでみて下さい。



Arry




 ブログランキングに参加しました!
   気の向いた時だけクリックしてください。_(._.)_。

   アリーの好きこそ不動産の上手なれ in ハワイ


 
 


1. もうすぐクリスマス

私どもが管理しています物件のオーナー様からお便りを、
許可を頂いてこちらのブログにて紹介させて頂きます。

最初は何気ない物件のことに関するご質問から
やりとりが始まりました。




今年も世間と同様に12月24日に我が家に
クリスマスが来そうです。



一昨年は12月早々にクリスマスケーキを食べました。
母が年を越せない気がしたのです。
そうです、今年で86歳になる母の介護を在宅でしているのです。



母は28歳で脳脊髄膜炎の為、 一晩で植物人間になってしまったのです。
私が5歳、
弟が3歳でした。


そして、その5年後に新聞記者だった父がたぶん、
チックショー こうなったら飲むしかねーなーと思ったのでしょう。
新聞社の寮で七輪をまたに挟んだまま泥酔して、
大火傷で死んでしまいました。  

パパのバカ。



母は奇跡の復活を果たして、ハワイにも行きましたよ。
ワイキキビーチで車椅子で一緒に海を見ていたら、 現地の人にこの方、
北欧系の方ですか? と言われました。



母は美人ですが、私は長年の苦労が顔に出て
はっちょろ眉毛のお女中顔になってしまいました。


親孝行  すれども  すれども  母は生き


Sオーナー






あたり前ですが、人それぞれ違う人生を歩んでいます。
このような形でそれを再認識しております。


何故ハワイに物件を持たれることになったのか、
また近々続きを紹介させて頂きます。


Arry




 ブログランキングに参加しました!
   気の向いた時だけクリックしてください。_(._.)_。

   アリーの好きこそ不動産の上手なれ in ハワイ